吉田 初三郎(よしだ はつさぶろう

2015-06-12

鳥瞰図とは「鳥の眼に写る景色さながらに,高みから見おろしたように描いた図」だそうで、図面作成に携わる人のことを鳥瞰図絵師と言うそうです。
漢字から意味がなんとなく分かることはほんとにすばらしいです。
さて有名な人物は大正から昭和にかけて、1000種も手掛けた吉田初三郎氏だそうで、現在の3Dマップの原型のような美しい図面を残しています。
悲惨な鳥瞰図とすれば「広島原爆八連図」と思われます。
現代のデジタル地図と比べて、見ている方も夢の気持ちになる不思議な図面です。

Copyright(c) 2014 BIZBASE INC. All Rights Reserved.